看護師にとっての東京

地方から東京で看護師になりたいと上京する看護師が増えています。これにはいくつかの理由が挙げられます。まず東京は医療業界でも中心的な機能を備えていることから、専門的な医療機関はもちろん看護師のための教育機関も首都圏に集中しています。東京は新しい医療の取り組みが真っ先に行われる場所でもあります。最先端医療技術を現場で学びたい医師や看護師も集まってくるのです。そのような最先端の医療技術を用いた治療を実現するために、医師・看護師共に正確な状況判断や対応ができるハイレベルな人材が求められています。次に首都圏の看護師は、比較的給与が高いのが魅力ではありますが、それだけではなく「看護師としてのキャリアを生かしたい」と考えて東京勤務を希望するケースが多くなってきています。東京では専門的な医療機関がたくさんあるので、自分の極めたい専門医療施設の現場で働きながら、専門知識と技術を現場で学び、自分の専門性を高めたいと考える人が増えてきているからです。 そして「専門看護師」「認定看護師」などのキャリアアップを目指して上京する方もいます。「専門看護師」と「認定看護師」になるには、大学まで進み定められた教育課程・研修を受けなければなりません。また、それぞれの専門分野で数年の実務経験が必要になりますから、研修施設と専門性の高い医療機関が整っているところといえば、東京だからです。さらに子育てに熱心な看護師も東京を選んでいるようです。夜勤もある看護師にとっては、病院に託児所があること、24時間子供を預かってくれる施設があることが大変重要です。また、子育て支援のための行政サービスが素晴らしく整っているのも首都圏や大都市周辺です。地方では24時間託児所、24時間学童保育が整っているところは市街地のごく一部です。幼稚園も夏休みがあり、学童保育が整っているところは良いのですが、そうでないところの方がまだまだ多いのが現状です。施設があったとしても夜6時から7時までというところがほとんどです。 また、介護の分野でも病院と介護施設が併設していて、両親の介護と看護師を両立できるシステムが整っている病院があるのも首都圏近郊です。女性が抱える子育て・介護などの問題について、よりサービスが充実しているという点も上京を考える理由の一つです。他にも東京・大都市近郊では「派遣・パート」の仕事もたくさんあります。地方では派遣やパートの働き先はまだ少ないのですが、首都圏近郊では看護師の需要がとても多いので、自分にあった形態の仕事が選び放題です。子育て中や介護中の看護師にとって、マイペースで収入が得られる「派遣・パート」が充実していることも魅力的です。このような理由から、東京は看護師にとって働きやすい環境が整っているため、上京して働きたいと考える看護師が増えているのでしょう。 

Got Something To Say:

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

Copyright © 2018. Powered by WordPress & Romangie Theme.